坪井医院
HOME ご挨拶 沿革 診療のご案内 PETのご紹介 アクセス リンク
一度で全身を綿密にチェック
PET検査
がんはブドウ糖を多量に摂取します。PET検査はこの特性を利用し、まずブドウ糖に放射性物質を合成した薬剤を注射で投与してから、体内での薬剤の集まり具合を撮影することで、がんの有無や位置を特定します。
 
 

PET検査の仕組み

 
再発診断に最適
一般的にがん細胞は原発がん(最初に発生したがん)よりも再発がんの方が多くのブドウ糖を摂取するといわれています。再発がんにおけるPETの診断能力は非常に高く、再発の疑いがあるときは、一部のがんでは健康保険が適用されます。がんの既往歴(治療歴)がある方には、定期的なPET受診が大きな安心につながります。

 
PET検査 よくあるご質問
 
内容編心配・気になる編日常生活編
 
内容編
Q PET検査ってなんですか?
    ポジトロン・エミッション・トモグラフィーという言葉の略です。
ポジトロンとは陽電子のことで、これを発生する薬を体内に注射して、少し時間を置いてから特別なカメラで撮影する検査です。

Q   CTとどう違うのですか?
    CTはX線を体の外からあてて、体の中の臓器の形を細かく見る検査です。造影剤を使うこともありますが、造影剤のアレルギーのある人は使いません。普通は形や大きさはよくわかりますが、それが何であるかとか、悪いものかどうかの判定はPETの方が優れています。

Q   MRIとどう違うのですか?
    MRIは体の外から磁力線をあてて、CT同様に臓器の形を細かく見る検査です。磁場を使うので放射能の被曝はありませんが、検査中大きな音がしたり、狭いところに入らなければならないので閉所恐怖症の人には向かない、大きな金属が体内にある人はできないなどの問題もあります。

Q   被爆するのですか?
    PET検査だけならば、普通のCT検査よりも被曝量は少ないですが、PET/CTですと機種にもよりますが、ほぼ同程度の被曝になります。しかし、いずれも胃の透視検査と同等程度の被曝量です。

Q   どんな薬を使うのですか?
    フルオロデオキシグルコース、FDGと略される薬を使います。ご飯やパン、うどんなどと同じ成分である糖分に微弱な放射能を発する成分をつけた薬です。そのため注射より先に糖分があふれていると、後からこの薬を入れても非常に微量なのでうまく集まってくれなくなります。そのため食事をとめてから使います。

Q   何がわかるのですか?
    FDGは血流にのって、糖分を多く使うところに取り込まれるので、脳、心臓、肝臓、そしてあまった薬が尿で出されるので、腎臓や膀胱にたまります。さらに腫瘍や強い炎症にもたまります。それを画像にして診断するのです。

Q   苦手な臓器や疾患はありますか?
    通常でも集積してしまう臓器の診断は、難しいことがあります。特に、あまった薬の排泄経路である腎臓や膀胱およびその周囲の組織は診断が困難です。また、心臓や肝臓、膵臓などは特別なとり方を工夫することにより診断が可能になります。

Q   どれくらいの大きさまで診断できるのですか?
    活動性の高い細胞や、細胞密度が高い状態では、数ミリでも判定できることがありますが、状態や組織の種類にもよりますので一概にはいえません。しかし、CTやMRIが形態を捉えるのに対し、PETは機能を捉えるのでより感度が高いとされています。

Q   保険適用疾患以外でも診断できますか?
    保険適用疾患以外でもPETで診断可能な部位や疾患はあります。しかし国の定めた範囲と条件に合わないと、自費診療になります。

Q   FDG以外のPETの検査薬はありますか?
    保険適用範囲では、脳の機能を見るO-gasという検査がありますが、どこの施設でも可能というわけではありません。他にも保険適用ではありませんが、いくつかの診断薬があります。これらは、ごく特別な施設のみで施行されているので、特別な依頼が必要になります。

Q   生理的な集積にはどんな部位がありますか?
    脳、心臓、肝臓、腎臓、尿管、膀胱にはほぼ必ず生理的集積が認められます。しかし、それらの臓器でも集積のパターンや撮影の仕方によって診断が可能になります。

Q   CTやMRI、血液検査も必要ですか?
    PETは単独では位置決めが不得意です。見えないものは見えない、というのがPET検査なのです。また、総合的に診断を下した方が良いので、できるだけ血液検査等も受けることをお勧めします。

Q   つい何日か前に血液検査をしているのですが?
    血液検査は、僅かながらその値が変動します。ぎりぎりでセーフだったから安心というわけではなく、比較して同じような結果がでてこそ安心ということになります。毎日やることには余り意味のないものもありますが、できるだけ同時の受診をお勧めします。
心配・気になる編
Q   痛いですか?
    注射自身は普通の注射と一緒です。その後は時間を置いてから撮影しますが、静かに仰向けになっているだけでできますので痛み等はありません。

Q   副作用はないですか?
    昨年1年間で10万人以上が受診していますが、このFDGという薬が直接の原因となって生き死に等にかかわったという事例はありません。もちろん、注射時にふらつきを訴えたりとか、食事をぬくことによりおなかがすいてふらつきを訴えたり等はありますが、いずれも薬の副作用ではなく、すぐに元に戻りますので心配はありません。

Q   検査時間はどれくらいですか?
    注射をしてから、45分から1時間程度を待ってから撮影します。撮影時間は、カメラの性能や、御本人の身長等で変わりますが、速いもので約20分程度、現在標準的なもので35分から45分程度です。特別な撮り方をする際には、もう少し時間がかかることがあります。

Q   狭いところに入りますか?
    PETの撮影用のカメラは、MRIのように奥まったトンネル型ではないものが主流です。また、トンネルの直径もMRIに比べて大きく、閉塞感はほとんどありません。

Q   結果はすぐにわかりますか?
    PETの画像は、すべてコンピューターで再構成します。それから専門家が診断をしますので、撮影後すぐに画像が見られるわけでもありませんし、診断結果も少しだけお時間をいただきます。

Q   検査中にくしゃみが出そうになったら?
    CTやMRIと異なりゆっくり時間をかけてとるので、くしゃみや咳を少々しても、画像がダメになることはありません。しかし、姿勢を変えたりは出来ません。撮影開始時にじゅうぶんに良い状況となるように整えてください。

Q   検査中にトイレに行きたくなったら?
    検査開始直前にトイレに行っていただき、排尿を済ませてから検査を始めるのが通常ですので、まず尿意はでませんがどうしてもというときは、担当の技師、医師の指示に従ってトイレに行くようにして下さい。突然に起きあがったりすると、そこまでの全部の画像が壊れる可能性があります。

Q   注射後に甘い飲み物を取ったり食事をしたら検査はだめになりますか?
    注射後約40分間はFDGがきちんと分布するのに必要な時間とされています。そこまでは甘い飲み物や食事は原則として避けてください。

Q   注射後運動をしたらどうなりますか?
    運動したことにより、使った筋肉に薬が集まってしまい、異常な集積が生じてしまうのと同時に、本来行くべきところに薬が行っていない可能性がでてしまいます。食事同様40分間は避けてください。

Q   注射前後で喫煙をしたらどうなりますか?
    喫煙自身は大きな影響があるとは確認されていませんが、通常の呼吸以上に筋肉を使ったりすることになるので避けてください。

Q   注射前後で転んだ/派手に尻餅をついたのですが大丈夫ですか?
    画像上、影響が出る可能性があります。何かしら変わったことが起きた場合は、検査時に必ず担当者にお伝え下さい。そうすれは、診断能をあげることができます。
日常生活編
Q   検査前に何か準備をする必要がありますか?
    特にありません。こちらからの指示だけで普段着のままで大丈夫です。

Q   検査の後は普通の生活でいいのですか?
    全く普通の生活でかまいませんが、授乳中の方や透析中の方の場合は特別な注意が必要です。

Q   検査当日の飲食はかまいませんか?
    検査終了後は、普通通りに飲食していただいてかまいません。FDG自身は検査後の飲食とは関係がないと言われています。

Q   検査の日は普段飲んでいるくすりを飲んでもいいですか?
    糖尿病のある方は、検査前夜から当日にかけてのインシュリンの使用ならびに経口糖尿病薬を止めて頂くのが好ましいとされています。ただし低血糖発作を起こさないように気を付けてください。ブドウ糖末やあめを携帯するようにして頂くのがよいと思われます。他の薬に関しては、むしろ安全のため通常通りに服用していただいて結構です。

Q   かぜを引いているのですが大丈夫ですか?
    検査当日に、かなりの熱があったり、直前までに肺炎に近いような状態にあると、PETの画像でも取り込みが生じることがあり、正確な診断の妨げになることがあります。ごく軽度の風邪程度ならば大丈夫ですが、ひどい状態にあるようならば日取りを改めるようにして下さい。無理して受診してもむしろ正確な診断を得ることができなくなります。

Q   サプリメント・民間療法薬は飲んでもかまいませんか?
    市販のサプリメントや民間治療薬に関しては、まだどれをどれくらい飲んでも影響はないかという結論がでていません。とくにこだわりが無いようでしたら、検査当日の検査前の使用は避けて頂いた方が無難です。

Q   糖尿病があるのですが検査は受けられますか?
    FDGは糖と似た構造をもつので、糖の取り込みが低下している糖尿病の場合は、きれいな画像が得にくいということになります。現在、国内では検査時血糖値を目安にしていますが、血糖値が150以下の場合は原則として大丈夫、200以上の場合は正確な画像が得られにくいので、何らかの処置をとるべきとされています。150-200の間は一種のグレーゾーンですが、外来でいらっしゃる方の場合、日取りを改めるのは難しいので時間を少しずらせるようであれば遅らせて、当日に検査を行うというのが一般的のようです。

Q   点滴をしているのですが?
    病院で受ける点滴には、糖分が加えられているもとのそうでないものがあります。検査前に糖分の入っている点滴を受けるということは、食事をしたのと同じことになりますので、避けるようにして下さい。

Q   人口肛門があるのですが?
    PET検査自身には影響はありませんが、診断においての情報として事前にお伝えいただくと助かります。

Q   尿道カテーテルなのですが検査はできますか?
    検査前に、余った薬を排泄してクリアな画像を得るためと被曝を低減するために排尿をして頂きます。このときに自尿のできない方は導尿して頂いた方が好ましいと考えます。

Q   透析中なのですが?
    透析中の方は、FDGは泌尿器系から余った分は排泄されるので、検査終了後早めに透析を受けていただく方が好ましいと言われています。

Q   授乳中なのですが?
    授乳中の方は、FDGを注射した日から2日間程度は授乳しないで下さい。まだ母乳に移行するか否かの判定と、安全性の確立がなされていません。

Q   腎機能低下といわれているのですが?
    透析をするほどでなければ、CTの造影剤などとは違うので、ほとんど問題はありません。しかし、無尿や尿閉のような状態にあるようでしたら、個別に処置が必要になるかと思われます。

Q   腎ろうがあるのですが?
    検査自身には影響はありませんが、撮影時に体外にパックを付けている人はその置く位置に注意が必要です。

Q   抗がん剤を使っているのですが?
    特に造血能を高めるようなG-CSFやEpoとか、IFNなどでなければ、ほとんど影響はないとされています。上記の薬物に関しては事前に情報としてお伝え下さい。

Q   体内に金属があるのですが検査はできますか?
    MRIでは体内に大きな金属がある場合は、検査をお断りすることがあります。しかし、CTやPET/CTでは画像の一部に乱れが生じますが検査自身の受診にはさしつかえありません。ただし、たくさん金属が使われていると、PET/CTの画像では画像の再構成をする際に、一部に乱れが生じます。これまではその影響は数%以下とされていますが、現在検討中の課題の一つです。

Q   豊胸術を受けているのですが?
    PET検査の場合、豊胸術を受けていると周囲に炎症巣が生じるために、情報がない場合には正確な診断ができなくなることがあります。事前にできればお伝え下さい。

Q   待ち時間にしていてよいことは何ですか?
    食事や糖分の含まれている飲み物を摂取したりはできません。運動や長時間のおしゃべり、手芸等は筋肉を使うことによりその部位に無意味な集積を起こすので好ましくはありません。文庫本程度の軽い本を読むとか、そのまま安静にして頂くのが好ましいとされています。ただし、トイレに歩いて行く程度は問題はありません。

Q   検査当日・検査前に運動をしてもいいですか?
    好ましくありません。筋肉がエネルギーを消費したままの状態にあると、FDGが積極的に取り込まれる現象がおき、正確な診断ができなくなります。

Q   注射後周囲への被曝はどれくらいですか?
    注射直後からずっとそばに一緒に座っていると本人の受ける被曝量の約1/1000程度の被曝をするといわれていますが、現在検討中です。

Q   PET検査の直前・直後に別な検査をうけても良いですか?
    CTやMRIは問題はありません。しかし、操作者がそばにいることの多いecho等は、注射前か検査終了後十分な時間が経ってからにするようにして下さい。また、他の核医学の検査は、紛れが生じたり被曝が増大したりする可能性を考え、十分に日程的な重なりが無いような配慮が必要です。

Q   妊娠中なのですが受けられますか?
    母体には影響はありませんが、胎児への危険性を考えて検査時に妊娠中であることがわかっている場合は、原則として検査をしません。また、そのときに虚偽の申告により検査を受けたとしても、胎児に対する責任はとれませんので、必ず申告してください。

Q   妊娠している可能性があるのですが受けられますか?
    妊娠中と同様の扱いになります。正確に妊娠を知る方法はありません。検査薬はある一定の条件下でないと正確に働きませんし、真の妊娠よりも必ず遅れて判定が出るからです。

Q   検査終了後、体がだるい。副作用ではないか?
    FDGが直接の原因に成っての命のやりとりになったという事例はまだ知られておりません。直接の副作用としてはないものと考えられています。

Q   検査終了後、注射部位が痛い。副作用ではないか?
    FDGの注射の際に、血管がまけて漏れたりするとぼーっとした痛みと腫れが出ることがありますが、一過性でまず問題はありません。

Q   注射時に体がかーっと熱くなったりしませんか?
    CTの造影剤の場合は体が熱くなったりしますが、FDGではそのような現象はありません。ご安心して受診してください。

Q   以前に造影剤で気持ち悪くなったことがあるのですが?
    PETの薬は造影剤ではありません。昨年1年間に国内で10万人もの人々が受診していますが、直接にPETの薬が原因で生き死にに関わったことはありません。

Q   検査前につい○○を食べてしまいました。大丈夫でしょうか?
    4時間以上あいていればまず大丈夫です。しかし、食べたものや量にも依存するので、必ず注射前に申告してください。さもないと正確な診断ができなくなります。

Q   前夜にアルコールを摂取してしまいました。大丈夫でしょうか?
    よほどの深酒でなければ大丈夫と思われます。ただし、肝機能の低下している人ではその限りではありません。

ホーム ご挨拶 沿革 診療のご案内 PETのご案内 アクセス リンク
個人情報の保護について